1/1

龍族の目覚めをお手伝い

​精霊の領域では様々な古代叡智から学ぶ教えを元に皆様の中に眠っている龍のエネルギーを復活させるお手伝いをさせて頂いています。

 

雅楽には3つの楽器があります。笙(ショウ)、篳篥(ヒチリキ)、龍笛(リュウテキ)です。

笙は天の光のエネルギー、篳篥は地のエネルギー、そして龍笛は天のエネルギーと地のエネルギーを

繋ぐ音と言われています。私たちはその龍笛のように天と地をつなぐ者としてそれぞれの役目を人々や世界の為に還元していくことが必要です。自分の中の龍を目覚めさせる、これはめいっぱいの幸運を引き寄せ、楽しく人生を送っていく秘訣なのです。

古神道のしきたりを垣間見ることで、

私たちはかつてコトタマ、オトタマ使いであり波動を熟知してた民族だったと伺えます。

私たちが持っている可能性に気づき、本当に出会うべく人と出会い、本来自分が歩むべき道へと

戻って行きましょう☆

プライベートサロン”精霊の領域”(別名メネフネ邸*)ではあなたのドラゴンゲートを開門するレイキの習得ができる場所、そして古代文明の叡智から自身の融合を体験しアイデンティティーを思い出せる場所です。

 

「龍族の目覚め」というと、とても壮大なイメージがありますがそんな大それたことではありません。ヒーラーやライトワーカーなどのように大きな使命を持っている方だけではなく、ただ家族と調和を持って幸せに生きて行きたいというシンプルな役割を持っている方でもいいのです。この目覚めには上も下も無くどんな目標があろうとそれぞれに役割があるのだという事に気がつかせてくれるでしょう。自分も周りもハッピーになっていくまさに和のエネルギーを循環していける波動なのです。

 

皆さんの秘めているシードをアクティベートさせ、思い通りの人生を楽しく構築していきましょう。

*メネフネ:メネフネはハワイに住んでいる精霊ですがメネフネ族はレムリアの末裔と言われる種族で古代ハワイでは月が出る夜に活動し、神殿を作っていた種族という説があります。またハワイはレムリア大陸の中心だったという説がありますが、ここにはプレアデスから地球にきたという口伝も残っており毎年11月にはプレアデスが地平線を登るとロノ(豊穣の時期)とされ、これがハワイの新年にあたります。プレアデスといえば、最初に日本の国づくりを試みた神々で龍の種族という説を唱えている方も少なくないようです。

​プライベートサロン”精霊の領域”(別名メネフネ邸)は迷えるライトワーカーが答えを見つけられるような魔法図書館となっています。

​ハワイアロマライフがクレアに掲載されました!

​English? 

© 2023 by Hawaii Aroma Life  Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now